埼玉県川口市のリウマチ科・リウマチ専門医・リウマチ検査

川口市・鳩ケ谷市 リウマチ科

PICKUP CONTENTS

リウマチとは
リウマチとは

リウマチは、女性がかかりやすく、30~50歳代で多く発症します。手足がこわばる・関節が腫れ・むくみなどが初期の症状です。

早期発見の重要性
早期発見の重要性

リウマチは最初の3か月が重要といわれています。まず疑問に思ったら、リウマチ専門医の受診をお勧めします。

リウマチは女性がかかりやすく、若い人でも発症します。

こんな症状で悩んでいたり、不安を感じたことはありませんか?

新しい治療法

リウマチは、初期の段階では、 からだがだるい・疲労感がある・朝方に手足がこわばる・関節が腫れ、むくみ、痛い、だるい・なんとなく手に違和感などがあります。

リウマチは、高齢者の病気と思っている方も多く、 ただの疲れ・関節痛と軽く考え、放置してしまう方もいます。 しかし、進行すると治療が困難になったり、精神的にも辛くなります。
早期発見が最も大切です!

痛みや違和感を一人で我慢してるより、 検査をして何もなければ、それだけで安心できます。 ご自身の不安を取り除くためにも、お気軽にリウマチ専門医へご相談下さい。
リウマチ専門医・金子院長の詳しくはこちら>>

よくあるご質問
よくあるご質問

リウマチに関する患者様からよくあるご質問を集めました。
その他ご不明な点はお気軽にご相談ください。

新しい治療法
新しい治療法

リウマチの新しい治療法として、生物学的製剤(バイオ)の投与があります。これにより完全治癒の可能性がぐっとあがりました。
生物学的製剤(バイオ)は、関節の腫れ・痛みを抑えるだけでなく、関節が壊れて変形することも防ぐことが期待されている薬です。現在は、多くの方がこの生物学的製剤の投与で効果を発揮し生活の質が改善されています。

患者さまのお声・生物学的製剤の詳細はこちら>>

新しい治療法
新しい治療法

関節リウマチは30歳代~50歳代の女性の患者さんが多いこともあり、妊娠・出産への影響に悩む人も多くいます。
関節リウマチを発症し治療を受けている患者さんでも、医師の指示をしっかり守れば妊娠・出産は可能です。自己判断であきらめずに、まずはお気軽にリウマチ専門医へご相談ください。

詳しくはこちら>>

TOPICS

2016.08.10
8月、9月の土曜日午後の担当医をお知らせします。
2016.07.08
夏季休診と代診をお知らせします。
2016.07.01
金子院長がドクターズファイルの取材を受けました。
2016.06.03
土曜日の担当医のお知らせを更新しました。
2016.04.27
代診・開始時間変更のお知らせを更新しました。
2016.02.08
休診日・診療時間変更のお知らせを更新しました。
2016.01.14
代診のお知らせを更新しました。
2015.04.30
5月16日から土曜日午後の担当医が変更になります。
2015.04.01
火曜日午前の担当医が変更いたしました。
2015.03.06
代診のお知らせを更新しました。
2015.02.16
休診日・診療時間変更のお知らせを更新しました。
2015.01.19
土曜日の担当医のお知らせを更新しました。
2014.08.01
火曜日は内科の先生に変更になりました。
2012.06.16
現在、線維筋痛症の新規の患者さんは受け付けておりません。
申し訳ありませんが宜しくお願いします。
2011.12.24
当院では関節リウマチの治験を行っております。
興味のある方はぜひお問い合わせ下さい。
2011.05.26
院長の今後の予定を追加しました。
2010.10.01
リウマチの専門サイトを開設しました。

ごあいさつ

埼玉県川口市、リウマチ専門医のかねこ内科リウマチ科クリニックです。

ドクターズファイル埼玉県川口市埼玉高速鉄道新井宿駅から徒歩5分に当院はあります。リウマチ専門医のリウマチ科として早期発見・早期治療に努めております。
お陰さまで東京は足立、板橋、北区、練馬区などから、さらに遠方では栃木、神奈川、千葉からも患者さんが来られております。

電話番号
048-284-1155
診療時間
7:30~13:00 15:00~18:00
※火曜日は9:00~13:00
休診日
火曜午後・日曜・祝日
>>詳しくはこちら
アクセス
〒333-0833
埼玉県川口市西新井宿305
駐車場13台完備
>>アクセスを見る